Positive Africa Mailing List

アフリカに関心を持っている人たちが情報や意見の交換をしています

Positive Africa Mailing List is a network for Positive People

29日

コンテンポラリーダンス『ANGELS』 ワーク・イン・プログレス

スパカンファン・プロジェクト新作ダンス公演
『ANGELS』ワーク・イン・プログレス
http://spac.or.jp/angels_201508.html


国際的に活躍するカメルーン出身のダンサー・振付家のメルラン・ニヤカム氏とこどもたちによる新たな創作プロジェクトが始動!
作品の創作過程をワーク・イン・プログレス(経過発表)という形で公開します。

<メルラン・ニヤカム氏のメッセージ>
『ANGELS』は私たちが生きている世界の縮図そのもの。
いろいろなことが起こります。天使的なことも悪魔的なことも。
感受性を培って舞台にいざない、ダンスや歌や演劇の力で何が出来るのかを知ってもらいたい。
これは大いなるチャレンジです。
子どもたちはかつてないほど未来への希望を必要としています。
忘れてはいけません。子どもこそ私たちの未来なのです。


■公演情報
8/29(土)・30(日) 各日16:00開演

■会場
静岡県舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」 (静岡市駿河区平沢100-1)
アクセスはこちらhttp://spac.or.jp/access

■チケット
一般:2,000円 / 大学生・専門学校生:1,000円 / 高校生以下:500円
全席自由(要予約) ※整理番号順(予約受付順)での入場となります。
予約受付開始:8月1日(土)10:00

<お問い合わせ・お申込み>
SPACチケットセンター 054-202-3399 (受付時間:10:00~18:00)


■関連企画
各日、ご観劇のお客様に限定し、メルラン・ニヤカム氏によるダンス・ワークショップを行います。終演後、そのまま一緒に身体を動かしましょう!着替えなどの準備は必要ありません。(15分程度)
※予約不要・無料


振付・演出: メルラン・ニヤカム
出演: スパカンファン(静岡県の中高生14名)
池ヶ谷優希、大石晃駆、岡村玲奈、金森萌倭、鈴木舞子
所恵斗、永田茉彩、梨田奈名子、西出一葉、西山友雲
伏見彩花、宮城嶋開人、吉田燦、渡邉茉奈
振付アシスタント: 木野彩子

映像:ニシモトタロウ
舞台装置デザイン(バオバブの木):鈴木里恵
照明デザイン・舞台監督:樋口正幸
音響:原田忍
照明操作:板谷航
衣裳:清千草
美術:三輪香織
演出部:廣﨑ナギ子、榊康雄
制作:尾形麻悠子、板垣朱音

主催:SPAC ? 静岡県舞台芸術センター
ふじのくに芸術祭共催事業
支援:平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
後援:静岡県教育委員会


【振付・演出家】
メルラン・ニヤカム 
nyakam振付家、ダンサー、歌手、俳優、ラ・カルバス・カンパニー主宰(Compagnie La Calebasse)。
http://www.lacalebasse.org/
14歳でカメルーン国立バレエ団に入団。16歳で主席ダンサーとなる。1990年にラ・カルバス・カンパニーを立ち上げ、91年金の穂賞、最優秀ダンサー賞などを受賞。92年よりフランスに拠点を移し、フランスで絶大な人気を誇るモンタルヴォ・エルヴュ・カンパニーなどの作品に出演。振付家としても活躍し、代表作の『遊べ!はじめ人間』が「Shizuoka春の芸術祭2008」でも上演された。昨年、20年ぶりに母国カメルーンで『ダンシング・アフリカ』を創作し「ふじのくに野外芸術フェスタ2015」で上演、アフリカでのさらなる展開を模索している。10年よりSPAC-ENFANTSプロジェクトを手がける。

【振付アシスタント】
木野彩子 (きの・さいこ)
<ダンサー、振付家。“Edge”で「Yokohama solo duo competition 2003 横浜市芸術文化振興財団賞」を受賞。中高、大学での教員歴、英・仏でのカンパニーダンサー歴を経て現在は神奈川と札幌をベースに、ワークショップを発展させた作品制作を続けている。
http://saikino.blogspot.jp/


■スパカンファン・プロジェクトとは?
SPAC-ENFANTS※(スパカンファン)は、オーディションで選ばれた静岡の中高生とともに新しい舞台を創造する、SPACによる国際共同製作プロジェクトです。フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、2010年にスタートしました。「世界中の子どもたちが未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、芸術表現として世界に通用するクオリティーを持ったダンス作品を目指します。(※ENFANTS=フランス語で「子どもたち」の意味)
10年夏、スパカンファンは静岡芸術劇場にて『ユ メ ミ ル チ カ ラ‐REVE DE TAKASE‐』を初演、翌11年にはこれを『タカセの夢』と改題し「ふじのくに?せかい演劇祭2011」に参加、さらに東京公演を成功させました。13年には韓国公演と大阪公演、14年にはメルラン・ニヤカム氏の故郷、カメルーンの首都ヤウンデでの公演を実現し、同年の静岡凱旋公演をもって約5年間にわたるスパカンファン・プロジェクト第1弾は幕を閉じました。
今年3月、スパカンファンの新たなメンバーがオーディションで選ばれ、スパカンファン・プロジェクト第2弾となる新作『ANGELS』の創作が始まりました。『ANGELS』は2年間にわたる創作プロジェクトで、第1期となる今夏は、創作進行中の本作をワーク・イン・プログレス(経過発表)という形で公開します。そして来年は、集大成となる本公演を予定しています。子どもたちの成長とともに日々進化していく本作に、どうぞご期待ください。


■紹介動画
http://spac.or.jp/15_yagai_angels.html