Positive Africa Mailing List

アフリカに関心を持っている人たちが情報や意見の交換をしています

Positive Africa Mailing List is a network for Positive People

23日

国際母子手帳シンポジウム(ミリアム・ウェレ博士来日記念講演)

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 国際母子手帳シンポジウム 【参加費:無料】
 “Ensuring the Quality of Life of Mothers and Children
  in Africa: Role of MCH Handbook”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

 戦後日本で生まれた母子健康手帳は、世界各国へと広まり、
 母子の継続ケアに貢献するツールとして注目されています。
 アフリカのケニアでは、2010年4月からケニア公衆衛生省主導のもと、
 国際的な研究機関や国連機関、NGOなどの協力により全国的な利用が
 開始されました。
 
 5年前に日本の母子健康手帳に出会い「これはミラクルだ!」と
 すぐにファンになり、以降国内での普及活動に貢献されてきた、
 ミリアム・ウェレ博士をお招きし、未だ厳しい状況のアフリカの
 母子の健康に母子手帳がどんな役割を果たせるのか、お話を伺います。


■日時:2014年7月23日(水)18:30~20:30(受付開始18:00)

■会場:国連大学(5F)エリザベス・ローズ会議場
    (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
    渋谷駅から徒歩10分
    地下鉄表参道駅出口B2(銀座線、半蔵門線、千代田線)から徒歩5分
    http://archive.unu.edu/access/

■使用言語:英語(通訳はありません)

■プログラム: 
【進行】中村安秀(大阪大学教授/NPO法人HANDS代表理事/
         国際母子手帳委員会代表)
    池上清子(日本大学大学院総合社会情報研究科 教授)

 18:30-18:45 開会
 18:45-19:05 
  ◆講演
   「MCH Booklet in Kenya:Achieving Equity
      through the Lens of Universal Health Coverage」
   杉下智彦氏(国際協力機構(JICA)保健分野課題アドバイザー)
 19:05-19:55
  ◆基調講演
   「MCH SITUATION IN KENYA AND AFRICA
      AND THE ROLE OF THE MCH HANDBOOK」
   ミリアム・ウェレ (Dr. Miriam K. Were) 博士
   (第1回野口英世アフリカ賞受賞者/ケニア・ ウジマ財団共同創設者
    /ケニアコミュニティヘルス戦略親善大使)
 19:55-20:25 質疑応答
 20:25-20:30 閉会

 ——————————————————————
 ◎シンポジウム終了後に、懇親会を予定しています(事前申込要・有料)
 ——————————————————————

■主催: 国際母子手帳委員会
■共催: UNICEF東京事務所
     UNFPA東京事務所
     特定非営利活動法人HANDS
     厚生労働省科研費
       「国連ミレニアム開発目標の達成に関する研究班」
■後援: 国際開発学会
     内閣府大臣官房野口英世アフリカ賞担当室
     外務省

■申込・問合せ:
>> http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/mchh20140723.html

 

====================================
特定非営利活動法人HANDS(担当:篠原)
〒113-0023 文京区本郷3-20-7
E-mail:event★hands.or.jp
    (★→@に変更してください)
TEL: 03-5805-8565
=====================================