Positive Africa Mailing List

アフリカに関心を持っている人たちが情報や意見の交換をしています

Positive Africa Mailing List is a network for Positive People

2014年

「ブッシュマンが描いた現代アート展」Gifts from the Kalahari カラハリからの贈りもの

アフリカ、カラハリ砂漠に住む、狩猟採集民ブッシュマンが描いた現代アート展。
南部アフリカ全域にわたって発見されている彼らの祖先が岩に描いた壁画に影響を受け、ボツワナの西部にKuru Art Project(NGO)が1990年に設立されました。
そのアトリエで、ブッシュマン達が祖先から受け継いだ民話や、カラハリでの生活の中で見たもの感じたものを、アートを通して自由に生き生きと表現しています。
喜び、悲しみ、希望が映し出された現代の彼らの世界観を、色鮮やかで、ユニークな作品が物語っています。

場所:
● ギャラリー北野 (京都) www.gallery-kitano.com/
2014年10月22日~2014年10月27日
● millibar ギャラリー (大阪) http://artniks.jp/
2014年10月31日~2014年11月5日

トークイベント:
日時:11月1日 13時より 2時間程 
場所:millibar ギャラリー
カラハリ沙漠に住む狩猟採集民ブッシュマンについてのトークイベント
料金:ドネーション制 Rooibos Tea (Bush Tea)付き
予約制:先着30名

お問い合わせ、イベントのご予約は
web: www.lesediway.com
mail: info@lesediway.com

 

ガーナをおいしく学ぶ! ~本場の料理から生のシアバター、ブレイズヘア体験も~

みなさんはガーナ料理を食べたことがありますか?

開発メディアganasは10月18日(土)の午後5時から、「ガーナをおいしく学ぶ」と題するクッキングイベントを埼玉県草加市のガーナレストラン「アフリカン・パレス」で開きます。

このイベントでは、日本で約10年暮らし、アフリカン・パレスのオーナーであるガーナ人女性ティナ・アプラクさんと、ガーナ大学に8月まで留学していた開発メディアganas記者・矢達侑子が、本場のガーナ料理を作ります。その間、ガーナの文化や社会問題についても写真を交えながら紹介します。希望者にはブレイズヘア(付け毛を使った編み込み)の体験や、アフリカの布やドレス、アクセサリー、スパイスなども販売します!

<料理について>
今回は、ガーナで最もポピュラーな料理のひとつ「フフ」と「ライトスープ」を作ります。フフとは、キャッサバ(またはヤムイモ)と、プランテン(調理用バナナ)を臼に入れて、木の杵で餅のようについた料理。食感も見た目も餅に似ていて、味はくせがなく食べやすいです。ただ今回は実際につくのではなく、インスタントのフフ・パウダー(ホットケーキミックスのような粉)を使います。

ライトスープは、トマトやタマネギ、トウガラシと肉類(今回は鶏肉)を煮込んだスープ。お好みでオクラも加えます。スパイシーな料理が苦手な方のためにも、今回のイベントでは辛さは調整可能にしています。さらに、もっと色々なガーナ料理に挑戦したい方は、追加オーダー(一皿1000円)もできます!

またドリンクは、メニューからお好きなものをご注文いただけます。ガーナのソフトドリンクや地酒を堪能できる絶好の機会です。料理とドリンクのメニューやお店の雰囲気は、アフリカン・パレスのFBページ(下記URL)をご覧ください。
https://www.facebook.com/pages/African-Palaceアフリカンパレス/1933117703494647?ref=bookmarks


◎日時:10月18日(土)午後5時~7時30分
◎場所:アフリカン・パレス(〒340-0015 埼玉県草加市高砂2丁目2-6、草加駅から徒歩5分、グーグルマップは以下URL)
https://maps.google.co.jp/maps?ll=35.8272828%2C139.8038573&z=18&q=埼玉県草加市高砂2丁目2-6&output=classic&dg=ntvb
◎主催:開発メディアganas(特定非営利活動法人 開発メディア)
◎対象:アフリカに興味のある方、外国料理の好きな方
◎参加費:2500円(食事代、1杯のドリンク代込み)
◎定員:15人(先着順)
◎申し込み方法:フェイスブックのイベントページ(https://www.facebook.com/events/1523569394526404/)から「参加する」を押していただくか、devmedia.ganas@gmail.comあてにお名前、ご所属先、ご連絡先をお送りください。

 

第208回FASID BBLセミナー

来る10月16日木曜日、FASIDでは、Asian Venture Philanthropy Network(AVPN)との共催により、インパクト投資による途上国の社会課題解決の取り組みの先駆けとも言えるBamboo FinanceのCEO、Jean-Philippe de Schrevel氏を日本に招聘し、セミナーを開催致します。

Bamboo Financeは2007年に設立、ルクセンブルク、ジュネーブ、ボゴタ、ナイロビ、シンガポールにオフィスを構えるグローバル・インパクト投資ファンドです。「貧困の負のサイクルは、持続可能性を低下させ、社会的コストを増加させる。貧困層への保健、エネルギー、農業、金融サービス、住宅、教育、水道等のアクセスを提供する企業への投資は、全ての人々への経済的・社会的発展の可能性を解き放つものだ」との考えのもと、これまでに約250億円を30カ国、46の企業に投資し、投資先のビジネス活動を通じて1600万人にサービスを提供、2万以上の雇用を創出してきました。

本セミナーでは、Jean-Philippe de Schrevel氏からインパクト投資の実践において得られた知見の共有を頂き、日本における実践への可能性について議論を深めます。

—————————————-
■第208回FASID Brown Bag Lunch Seminar 「Achieving Greater Impact with Financial Returns-社会的投資ファンドのフロント・ランナーに聞く-

■講師:Jean-Philippe de Schrevel, Bamboo Finance Private Equity Group, CEO

■日時:2014年10月16日(木) 午後12時から13時30分(開場11時30分)

■会場:FASIDセミナールーム
最寄駅:東京メトロ日比谷線神谷町、都営大江戸線赤羽橋

アクセスは以下のURLをご覧下さいhttp://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml

■言語:英語(通訳なし)

■参加費:500円(賛助会員 無料)

■関連URL:http://www.fasid.or.jp/seminar_info/81_list_detail.html
—————————————-

参加ご希望の方は、上記URL内のオンラインフォームよりお申し込み下さい(申し込み締め切り:10月13日(月))。会場の都合でご参加頂けない場合のみ、事務局よりご連絡いたします。

**お問い合わせ先**
一般財団法人国際開発機構(FASID)
国際開発研究センター 浜岡
Tel: 03-6809-1997 
Email: bbls@fasid.or.jp

 

9/28国際保健セミナー「アフリカでより多くの母と子の命を守る!(スーダン)」

長年続いた内戦の影響もあり、厳しい母子保健状況が続くスーダンで
マザーナイルプロジェクト(JICA技術協力プロジェクト)は、
スーダン保健省とともに、2008年よりフェーズ1、フェーズ2と展開し
2014年8月に終了しました。
施設や人材が不足するなか、村の母子に安全なお産を提供するために
活躍する『村落助産師』。セナール州で約600人の村落助産師に
現任研修を実施した人材育成の仕組みは、国際機関の協力などにより
8つの州へも広がりをみせ、1000人以上の助産師が研修を
修了することができました。
足かけ7年、広範囲にわたった活動を振り返り、その成果や
変化の兆しをご紹介します。
【日時】2014年9月28日(日)15:00-16:30
【会場】HANDS会議スペース
    (東京都文京区本郷3-19-4 本郷大関ビル2F)
    地図: http://www.hands.or.jp/pagesj/12_2_access.html
【参加費】無料
【定 員】50名(先着)
【登壇者】
 ・中村 安秀(HANDS代表理事 / 大阪大学大学院 教授)
   スーダンプロジェクト(フェーズ2)チームリーダー。
   1977年東京大学医学部卒業。小児科医。
  ほか、HANDS/パートナー企業のプロジェクトメンバー数名
【詳細・申込み】
HANDS Webサイトより専用フォームでお申込ください
 http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/20140928.html
【お問い合わせ先】
   特定非営利活動法人HANDS(担当: 篠原、内田)
   E-mail: soukai2014@hands.or.jp
   TEL: 03-5805-8565

 

ジュピター&オクウェス・インターナショナル(コンゴ民主共和国):映画上映イベント

ジュピター&オクウェス・インターナショナル(コンゴ民主共和国)
映画上映/ミニアコースティックコンサート/トークイベント
「ルベル将軍を迎えて」

●日時●
2014年8月27日(水)19時~(18時45分開場)

●場所●
アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ

●料金●
一般/1200円
学生/800円
会員/500円
(※料金には、映画上映・ミニコンサート・トークイベント全てが含まれます。)

●プログラム●
<19時~20時20分>
映画上映「Jupiter’s Dance」
原題「La Dance de Jupiter」
製作・配給 ベルキノワズ(レナウド・バレ/フロレント・ドゥ・ラ・チュレイ)
製作国 コンゴ民主共和国・キンシャサ
製作年 2005年
上映時間 72分
「カリスマであり、バンド、オクウェス・インターナショナルのリーダーであるジュピターとともにコンゴ民主共和国・キンシャサの浅瀬を渡ると、そこに現れたのはとてつもなく豊かで活発な現地の音楽シーン、そして自身のゲットー音楽を世に知らせようと常に戦い続けるジュピターの姿であった。」
——–
<20時20分~20時35分>
ミニアコースティックコンサート
——–
<20時40分~21時15分>
トークイベント
各アフリカ音楽専門家の方々によるジュピターへのインタビュー、ならびにご来場の皆様からの質問にお答えするトークイベントを開催いたします。

●グループ紹介●
ジュピター&オクウェス・インターナショナル(コンゴ民主共和国)
20年以上もキンシャサで不屈のコンゴ魂を燃やしながら歌い続けたカリスマシンガー、ジュピター率いるジュピター&オクウェス・インターナショナル。強靭でロックなアフロ・グルーヴで、ブラーのデーモン・アルバーンのアフリカ音楽プロジェクトに参加、マシッヴ・アタックの3Dも注目する。コンゴ各地に息づくリズムとメロディーに都会のセンスを融合させ確立した強靭なサウンド。攻撃的なコンゴビートのエネルギーで長く続く混乱状態に風穴をあけるべく、意識革命を訴える。2007年に公開されたドキュメンタリー映画「Jupiter’s Dance」で主役としてフィーチャーされたジュピターの音楽性は、国際的に高い評価を獲得し、2013年にリリースしたセカンド・アルバム「ホテル・ユニヴァース(日本盤・プランクトンレーベルより発売)」はヨーロッパの多くの雑誌やラジオでベストアルバムに選ばれた。世界に衝撃を与えるキンシャサの音に注目が集まっている。

●予約・お問い合わせ●
アンスティチュ・フランセ東京
〒162-8415東京都新宿区市谷船河原町15
TEL : 03-5206-2500 / FAX : 03-5206-2501
Email : tokyo@institutfrancais.jp
www.institutfrancais.jp/tokyo
www.facebook.com/IFJTokyo

●協力●
bureau export, frecho, metropolis, sukiyaki festival, plankton, 3dfamily, novus axis, la bellkinoise, all other, Laurent Perrier, Le bretagne, Orangina

コンテンポラリー・ダンス『タカセの夢』

SPAC-静岡県舞台芸術センターでは、2010年よりSPAC-ENFANTS(スパカンファン)プロジェクトを実施してまいりました。
これは、フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、オーディションで選ばれた静岡のティーンエイジャーとともに新しい舞台を創造する国際共同制作プロジェクトです。「世界中の子どもたちが未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、芸術表現として世界に通用するクオリティーを持ったダンス作品を目指します。
これまで静岡県内のみならず、東京・大阪・韓国でも上演を重ねており、5年目を迎えた今年は、メルラン・ニヤカム氏の故郷であるカメルーンのヤウンデでの公演が決定いたしました。
帰国後には、静岡での凱旋公演も予定しております。

【カメルーン公演】
8/11(月)・8/12(火)

【凱旋公演】
8/20(水)18時45分開演 
8/21(木)14時30分開演
舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」


詳細は公式サイトでご確認いただけます。(http://www.spac.or.jp/takase14_summer.html


<お問い合わせ>
SPACチケットセンター 054-202-3399

コンテンポラリー・ダンス『タカセの夢』

SPAC-静岡県舞台芸術センターでは、2010年よりSPAC-ENFANTS(スパカンファン)プロジェクトを実施してまいりました。
これは、フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、オーディションで選ばれた静岡のティーンエイジャーとともに新しい舞台を創造する国際共同制作プロジェクトです。「世界中の子どもたちが未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、芸術表現として世界に通用するクオリティーを持ったダンス作品を目指します。
これまで静岡県内のみならず、東京・大阪・韓国でも上演を重ねており、5年目を迎えた今年は、メルラン・ニヤカム氏の故郷であるカメルーンのヤウンデでの公演が決定いたしました。
帰国後には、静岡での凱旋公演も予定しております。

【カメルーン公演】
8/11(月)・8/12(火)

【凱旋公演】
8/20(水)18時45分開演 
8/21(木)14時30分開演
舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」


詳細は公式サイトでご確認いただけます。(http://www.spac.or.jp/takase14_summer.html


<お問い合わせ>
SPACチケットセンター 054-202-3399

国際母子手帳シンポジウム(ミリアム・ウェレ博士来日記念講演)

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 国際母子手帳シンポジウム 【参加費:無料】
 “Ensuring the Quality of Life of Mothers and Children
  in Africa: Role of MCH Handbook”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

 戦後日本で生まれた母子健康手帳は、世界各国へと広まり、
 母子の継続ケアに貢献するツールとして注目されています。
 アフリカのケニアでは、2010年4月からケニア公衆衛生省主導のもと、
 国際的な研究機関や国連機関、NGOなどの協力により全国的な利用が
 開始されました。
 
 5年前に日本の母子健康手帳に出会い「これはミラクルだ!」と
 すぐにファンになり、以降国内での普及活動に貢献されてきた、
 ミリアム・ウェレ博士をお招きし、未だ厳しい状況のアフリカの
 母子の健康に母子手帳がどんな役割を果たせるのか、お話を伺います。


■日時:2014年7月23日(水)18:30~20:30(受付開始18:00)

■会場:国連大学(5F)エリザベス・ローズ会議場
    (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
    渋谷駅から徒歩10分
    地下鉄表参道駅出口B2(銀座線、半蔵門線、千代田線)から徒歩5分
    http://archive.unu.edu/access/

■使用言語:英語(通訳はありません)

■プログラム: 
【進行】中村安秀(大阪大学教授/NPO法人HANDS代表理事/
         国際母子手帳委員会代表)
    池上清子(日本大学大学院総合社会情報研究科 教授)

 18:30-18:45 開会
 18:45-19:05 
  ◆講演
   「MCH Booklet in Kenya:Achieving Equity
      through the Lens of Universal Health Coverage」
   杉下智彦氏(国際協力機構(JICA)保健分野課題アドバイザー)
 19:05-19:55
  ◆基調講演
   「MCH SITUATION IN KENYA AND AFRICA
      AND THE ROLE OF THE MCH HANDBOOK」
   ミリアム・ウェレ (Dr. Miriam K. Were) 博士
   (第1回野口英世アフリカ賞受賞者/ケニア・ ウジマ財団共同創設者
    /ケニアコミュニティヘルス戦略親善大使)
 19:55-20:25 質疑応答
 20:25-20:30 閉会

 ——————————————————————
 ◎シンポジウム終了後に、懇親会を予定しています(事前申込要・有料)
 ——————————————————————

■主催: 国際母子手帳委員会
■共催: UNICEF東京事務所
     UNFPA東京事務所
     特定非営利活動法人HANDS
     厚生労働省科研費
       「国連ミレニアム開発目標の達成に関する研究班」
■後援: 国際開発学会
     内閣府大臣官房野口英世アフリカ賞担当室
     外務省

■申込・問合せ:
>> http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/mchh20140723.html

 

====================================
特定非営利活動法人HANDS(担当:篠原)
〒113-0023 文京区本郷3-20-7
E-mail:event★hands.or.jp
    (★→@に変更してください)
TEL: 03-5805-8565
=====================================

第206回BBLセミナーのご案内「ソマリアの現状と今後の展望」

来る6月18日水曜日、FASIDでは、第206回Brown Bag Lunch (BBL)セミナー「ソマリアの現状と今後の展望- ジャーナリストの目を通してみるソマリアの昨日と今日-」を開催します。同セミナーでは、ジャーナリストの下村靖樹氏をお迎えして、2012年に21年ぶりに国として再出発を果たしたソマリア連邦共和国の内戦以降から今日までの様子、そして今後の展望について、現地のリアルな映像も交えながらお話頂きます。下村氏は、2002年に内戦真っただ中の現地に足を踏み入れて以来、2013年までに計4回、現地で取材をされました。

————————–
講  師:下村 靖樹氏/ジャーナリスト
日  時:2014年6月18日(水)講演12:30-14:00(開場12:00)
場  所:FASIDセミナールーム
地 図: http://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml
参 加 費:500円(賛助会員:無料)

参加ご希望の方は、下記URLを参照の上、URL内のオンラインフォームよりお申し込み下さい。会場の都合でご参加頂けない場合のみ、事務局よりご連絡いたします。尚、昼食は各自ご持参下さい。

関連URL:http://www.fasid.or.jp/seminar_info/69_list_detail.html

コートジボワール日本友好デー

コートジボワール日本友好デー
Cote d’Ivoire Japan Friendship Day

2014年サッカーワールドカップ
コートジボワール対日本戦
直前スペシャル友好イベント

日時: 5月31日土曜日 10時から19時
場所: 代々木公園ケヤキ並木
入場無料

コートジボワールのおいしい料理
音楽ライブパフォーマンス
by Oswald Kouame, Ibrahim Konate and more

主催: 在日コートジボワール人協会
後援: コートジボワール大使館
     アフリカ開発銀行アジア代表事務局

お問い合わせ:
Phone: 03-4405-7039
Email: contact@ivoirienaujapon.org

詳しくは:http://aij.ivoirienaujapon.org/