Positive Africa Mailing List

アフリカに関心を持っている人たちが情報や意見の交換をしています

Positive Africa Mailing List is a network for Positive People

31日

TICADV公式サイドイベント「インパクト・インベストメントのアフリカ開発における可能性」

(一財)国際開発機構(FASID)では、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)公式サイドイベントとして、「インパクト・インベストメントのアフリカ開発における可能性」と題したセミナーを開催します。

本セミナーではTICAD V主要テーマである「強固で持続可能な経済」実現に向けた、インパクト・インベストメントの可能性と課題について議論します。 インパクト・インベストメントは、「財務的リターンに加え、社会的リターンを創出することを目的とし、企業や組織、ファンド等になされる投資」と定義され、援助や寄付といった国際開発における伝統的な資金調達方法を補完し、相乗効果を生む新たな資金調達方法として、注目を浴びております。特に、近年活発化している日本の中小企業等によるBOPビジネスに対する事業資金のファイナンス手段としても、期待が高まっています。また、より広い文脈では、リーマンショック以降議論が活発になっている「公益資本主義」の、投資家側からの一つの取組みとしても位置付けることができます。

第1部では「インパクト・インベストメントと国際開発」と題し、インパクト・インベストメントの概要を紹介した上で、ARUN合同会社、大和証券、JICAといった第一線でご活躍されている登壇者とともに日本発の取組みと課題、そしてODAの役割について議論します。

第2部では、アフリカにてインパクト・インベストメントを行っているVital Capital Fundの代表による事例紹介を通じて、アフリカにおけるインパクト・インベストメントの成功要因と課題、展望について議論します。

【日 時】2013年5月31日(金)10:00-12:30 (第1部 10:00-11:30、第2部 11:40-12:30) 【会 場】パシフィコ横浜アネックスホールB会場(F201)  (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1) 【主 催】一般財団法人 国際開発機構(FASID) 【プログラム・登壇者】 下記ウェブサイトをご参照下さい。 http://www.fasid.or.jp/seminar_info/45_list_detail.html 【対 象】TICAD V関係者、援助機関勤務者、コンサルタント、NGO関係者、研究者、学生(大学院生、大学生)、一般参加者 【言 語】英語 【参加費】無料 【定 員】150名 【申込方法】上記ウェブサイトのオンライン応募フォームからお申込み下さい。 【締め切り】5/29(水)正午(先着順のためお早目にお申込み下さい。) 【問合せ先】 一般財団法人 国際開発機構 人材開発事業部     藤田 国際開発研究センター 永井 Tel: 03-6809-1996 Fax: 03-6809-1387 Email: ticad5@fasid.or.jp

ポスト2015年開発枠組みへのTICAD Vの貢献

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>>>>>> TICAD V公式サイドイベント <<<<<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ◆ 5/31(金)13:00-14:30 ◆

      包摂的成長と不平等の克服

  ポスト2015年開発枠組みへのTICAD Vの貢献

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アフリカの急速な経済成長に注目が集まる中、
経済発展の利益が最も脆弱で貧しい人々にも還元される
「包摂的成長」を実現するために望ましい政策と、
TICAD Vのポスト2015年開発枠組みへの貢献の可能性を問います。


■ 日時 ■ 2013年5月31日(金)13:00-14:30

■ 場所 ■ パシフィコ横浜アネックスホール B会場(F201)
      (横浜市西区みなとみらい1-1-1)

■ アクセス ■ 横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩3分、
        JR/横浜市営地下鉄「桜木町」駅より徒歩12分
        http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

■ 主催 ■
「動く→動かす」、(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)、
(特活)オックスファム・ジャパン、(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

■ プログラム ■ ※日英同時通訳あり

 (1)開会挨拶

     津山直子(動く→動かす代表)

 (2)基調講演

     エレン・ジョンソン=サーリーフ氏(リベリア共和国大統領)

 (3)コメント

     南博氏(外務省地球規模課題担当参事官)
     アフリカ連合委員会 代表者(※調整中)
     ペドロ・コンセイソン氏(国連開発計画アフリカ局チーフエコノミスト
                      兼戦略・アドバイザリーユニット長)
     世界銀行 代表者(※調整中)
     デズィレ・アソグバヴィ氏(オックスファム対アフリカ連合連絡事務所長)
     大橋正明(JANIC理事長)

 (4)質疑応答

■ 申し込み方法 ■

 以下のフォームに必要事項をご記入ください。
 https://www.janic.org/aform018.php

■ 申し込み締め切り ■

  2013年5月29日(水)

■ お問い合わせ ■

 公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
  TEL:03-6859-6867
  MAIL:horie@savechildren.or.jp堀江)

■ 開催主旨 ■

 ここ数十年のアフリカにおける成長と発展には、国連ミレニアム開発目標(MDGs)及び
TICADプロセスの貢献も大きい一方、最も脆弱な立場にいる貧しい人々が経済発展に参加
できず、国内格差が拡大する傾向、またMDGsの指標が後退する傾向も見られる。

 TICAD Vが3つの柱として掲げる、「強固で持続可能な経済」、「包摂的で強靭な社会」、
そして「平和と安定」。アフリカの急速な経済成長に注目が集まり、TICADの議論も
民間セクターの投資とそのための環境整備による経済成長の促進に軸足が置かれる中、
アフリカが過去の途上国の「経済成長の失敗」を繰り返さずに、真に人々のための発展を
勝ち取ることができるかが問われる。

 とりわけ、多くの人が制度的、政治的、社会的な差別によって経済発展のプロセスから
排除され、またそのコスト負担を強いられることで、成長が格差の拡大につながり、社会
を不安定化させるリスクをどのように回避すべきか。人々の権利が保障され、経済発展の
利益が最も脆弱な立場にいる貧しい人々へ還元されるような「包摂的成長」を実現できる
望ましい政策とはどうあるべきか――TICAD Vの成果文書である横浜宣言および横浜行動
計画は、この問いに答えを出すことができるのだろうか。

 さらに現在、「ポスト2015年開発目標」に関する議論が活発化し、2013年9月の国連
MDGs特別イベントでは政府間交渉の基盤となる国連事務総長の報告書が発表される予定で
ある。この議論の中でも「包摂的成長」や「不平等」はキーワードとして浮上しているが、
この策定をめぐる国際的議論に対し、TICAD Vはいかに貢献ができるのか。

 本セミナーでは、「ポスト2015年開発目標に関するハイレベルパネル」の共同議長を務
めるエレン・ジョンソン=サーリーフ大統領をはじめ、アフリカの開発と「ポスト2015年
開発枠組み」の議論に造詣の深い登壇者をお招きし、これらの課題への具体的な対応策の
提起を試みたい。