Positive Africa Mailing List

アフリカに関心を持っている人たちが情報や意見の交換をしています

Positive Africa Mailing List is a network for Positive People

08日

TICAD V直前国際シンポジウムwith モザンビーク/ブラジル/国際NGO

【5/29(水):TICAD V直前 国際シンポジウム withモザンビーク/ブラジル/国際NGO】今アフリカ農村で何が起きているのか?日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発(プロサバンナ)を考える

本年6月1日~3日、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が横浜で開催されます。同会議の目玉として準備されてきたのがプロサバンナ(ProSAVANA)事業です。今アフリカで何が起きているのか、小農はどのように暮らし何を求めているのか、プロサバンナ事業はこの点においてどのような問題を抱えているのか、日本の我々はこれらの問題にどのように関わるべきなのかについて、皆さんと一緒に考えたく、TICAD V直前の5月29日(水)に、国際シンポジウムを開催します。

■日時:2013年5月29日(水)18時~20時30分
■会場:横浜産業貿易センターB102会議室
■資料代:500円
■定員:100名
■使用言語:英日同時通訳
■詳細、問い合わせ、申し込みなどはこちら
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/activities/ps20130529.html

TICAD前夜祭 ☆みんなのイベント(保健関連シンポ)

【TICAD前夜祭 ☆みんなのイベント
ロラケさんに聞こう!ーエイズのこと、女性と子どもたちのこと。私たちになにができるの? =アフリカと日本:市民社会の真のつながりに向けて 私たちにできること=】

★西アフリカ・ナイジェリアでエイズに取り組む人々のリーダーとして活躍する女性活動家、ロラケ・オデトインボさんをゲストに、彼女の人生をかけたHIV/AIDSとの闘い、女性や社会的少数派と言われている人々の権利のための日々についてお話しして頂きます。ロラケさんは今から10年前、エイズに取り組む若手リーダーの一人として、2003年に来日し、TICAD IIIに向けたシンポジウムに参加しました。それから10年、彼女の人生はどう変化したでしょうか。

★このシンポジウムに「野口英世アフリカ賞」をこのたび受賞するピーター・ピオットさん(ロンドン大学熱帯医学校学長、元国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長)の参加も確定しました。ピオットさんからも貴重な話を聞く機会です。また、南アフリカ共和国とウガンダでエイズに取り組む活動家もゲストにお呼びしています。

■日時: 2013年5月31日(金)18:30-20:45 (開場・受付18:15~)
■会場:横浜市 開港記念会館1F講堂
☆参加定員:200名
☆英→日通訳あり
■詳細、問い合わせ、申し込みなどはこちら
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/seminar-event/20130531.htm

*イベントチラシはこちら→http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/seminar-event/TICAD_flyer_HealthEvent.pdf