Positive Africa Mailing List

アフリカに関心を持っている人たちが情報や意見の交換をしています

Positive Africa Mailing List is a network for Positive People

02月

『聞いて、話して、考える―ポストMDGsナイト・カフェ』

★-=☆-=★-=☆-=★-=☆-=★-=
(動く→動かす特別企画)
『聞いて、話して、考える―ポストMDGsナイト・カフェ』

第2回
◆ポストMDGsと「気候変動」◇

 リソース・パーソン:平田 仁子さん (NPO法人 気候ネットワーク 東京事務所所長)

☆=-★=-☆=-★=-☆=-★=

★2015年を達成目標とした「ミレニアム開発目標」(MDGs)以降の開発課題の在り方を考える「ポストMDGs」。今、議論は早くも現行MDGsの反省を踏まえつつ、新たな課題へと移行しつつあります。目前にせまる「ポストMDGs」時代は、<今日と同じ明日がある>という時代ではありません。

★今日、現行MDGsの達成と並んでさかんにされているポストMDGsの議論ですが、中でも現行MDGsでは主要な課題として扱われていない大きな課題、「気候変動」に焦点が当てられます。今回は気候変動問題の導入から、その交渉プロセスで経験したことをお話しいただく、貴重な機会となっています。

★11月30日に開催した第一回ポストMDGsナイト・カフェ(リソース・パーソン:政府系金融機関勤務・天野憲哉氏)の報告は、以下リンクよりご覧ください。
http://gcapj.blog56.fc2.com/blog-entry-248.html

★軽食やソフトドリンク・お酒を用意して、皆様のご参加をお待ちしています。

以下、詳細です。

=====================
◎主催:「動く→動かす」 連続座談会実施グループ
◎日時:2月26日(火)19:00~20:30(18:45開場)
◎会場:クリエイティブOne秋葉原ビル8Fラウンジ
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4      地図: http://oxfam.jp/contactus/
(オックスファム・ジャパンのオフィスが入るビルの8階です。)
◎参加費:一般1000円 学生500円(ドリンク・軽食を提供します)
◎定員:20名程度
◎対象:国際協力NGO関係者の方、個人で国際協力・環境・人権分野等に関わる方、ミレニアム開発目標(MDGs)・ポストMDGs・市民社会の動きなどにご関心をお持ちの方でしたら、ぜひご参加ください。学生・他業種の方も歓迎です。
◎申込・問合せ:連続座談会実施グループ
・担当:前川龍太 ryuta.maekawa@adrajpn.org
・お名前、ご所属(あれば)、連絡に使うメールアドレスをご記入の上、上記メールアドレスにお申し込みください。
=====================

————————–
講師 平田 仁子氏について
————————–
現在:NPO法人 気候ネットワーク 東京事務所所長。
1970年熊本県生まれ。聖心女子大学卒業後、出版社勤務。96年より米国NGO「Climate
Institute」で活動。98年より気候ネットワークに参加、2007年より現職。国内外の気候変動政策の研究や政策提言、情報提供などに取り組む。上智大学非常勤講師、東京都環境審議会委員、CAN
International理事。著書に『原発も温暖化もない未来を創る』コモンズ・2012年(編著)、『新版
よくわかる地球温暖化問題』気候ネットワーク編・中央法規出版・2009年(共著)、など。

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=

希望の義足をルワンダ・ブルンジで~ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクト活動報告会

ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクトは、ルワンダと隣国ブルンジで、義足工房の運営など、障害者の自立支援の活動を行うNGOです。

ルワンダ人ガテラさんとケニアで出会い、義肢装具士の修行をしてルワンダへ渡った真美さんのお二人が立ち上げ、活動はNHKの「プロジェクトX」などで紹介され、様々な賞を受賞しています。

いわゆる「支援」とは少し違って、共に生きるパートナー。素敵なおふたりに是非会いに来てください!

虐殺から18年を経たルワンダの変化を語る、ガテラさんのお話は必聴です。

会場は話題のシェアハウス。
起業家、社会起業家、デザイナー、クリエイター、ノマドワーカーの
ためのオープン型シェアオフィスを併設したRYOZAN-PARKです。

●ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクト http://www.onelove-project.info/
●RYOZAN-PARK
http://ryozanpark.jp/

◎日時: 2月26日(火)19:00~21:00

◎場所: RYOZANPARK イベントスペース
     (巣鴨駅から徒歩2分)
      http://ryozanpark.jp/map-access/

◎お話:
ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクト

 ガテラ・ルダシングワ・エマニュエルさん
 ルダシングワ(吉田)真美さん

◎参加費無料・事前申込み不要
  どなたでも、お誘い合わせの上ご参加ください。

◎問い合わせ: 成田 (rwanda_0226★hotmail.com)
 ★を@に変えてください

【2012年度第3回アフリカンキッズクラブ・イベント】 上野でちょこっとバレンタイン

詳細URL:http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/activities/akc20130223.html

【2012年度第3回アフリカンキッズクラブ・イベント】 上野でちょこっとバレンタイン~チョコレート博士になろう~

アフリカンキッズクラブは在日アフリカンファミリーやアフリカの文化に興味のある子どもたちの交流をはかる企画です。
2013年2月23日(土)に、上野周辺で開催します。

2月のバレンタインデー・シーズンに合わせて、国立科学博物館(上野)でチョコレート展が開催されています。

みんなも見たことがあるロッテの「ガーナ・チョコレート」。西アフリカの国「ガーナ」の名前がついているのは何でだろう?

かる企画です。
2012年2月23日(日)に、上野周辺で開催します。

2月のバレンタインデー・シーズンに合わせて、国立科学博物館(上野)でチョコレート展が開催されています。
画像:チョコレート展ホームページ

みんなも見たことがある森永製菓の「ガーナ・チョコレート」。西アフリカの国「ガーナ」の名前がついているのは何でだろう?

【内容】
①国立科学博物館のチョコレート展見学  http://event.yomiuri.co.jp/chocolate/index.html
②チョコレートの格付け大会
★5円チョコと500円チョコ、ミルクチョコとビターチョコ、君は違いに気付けるか!
★チョコの「%(パーセンテージ)」ってなんだろう?99%チョコって何?
③アメ横探検
・チョコレートの叩き売り体験★
・輸入食品ショップ見学(任意)

当日の概要やお申し込みについては、いちばん上にあるURLからご覧ください。

「アフリカの食と食材」セミナー

開催日:2月17日
場所:JICAよこはま
(事前申し込み events@africa-rikai.net 当日参加可各セミナー参加費500円)

・10:00~11:30「アフリカとエチオピアの食と食材」
1F第1会議室 by元農水省食品総合研究所勤務斎尾恭子氏

・13:00~14:30「日本に伝播したアフリカ起源の栽培植物と料理」
1F第1会議室 by東京学芸大学環境教育研究センター木俣教授

 

アフリカの食と食材連続セミナー第4回「西アフリカの食 ~キャッサバってなに?~」

 

第4回(2月9日15:00-15:50)
稲泉博巳さん(東京農業大学准教授)
西アフリカの食
~キャッサバってなに?~

家族揃って食卓を囲み、その日あった出来事をそれぞれに語る、ここではその
語りを『夕食の話題』と呼ぶことにします。もちろん海の向こうのアフリカ大陸
でも、毎日そうした光景が繰り返されています。翻って現代日本ではどうでしょうか?
食育などの積極的な取り組みの一方で、食の乱れだとか、『孤食』や『個食』
などが取り沙汰されています。今回はアフリカの食の話しから、今の日本では
珍しくなってしまったかもしれない、和やかな食卓でのコミュニケーションが
広がることを願っています。
※この回のお申し込みのみ『よこはま国際フォーラム2013』へ。参加申し込みが
必ず必要です。http://yokohama-c-forum.org/

【主催】JICA横浜
【協力】アフリカ理解プロジェクト 
【日時】2013年2月9日15:00-15:50
【会場】JICA横浜 (横浜市中区新港2-3-1)
Tel:            045-663-3251      (代)
【交通】馬車道駅(みなとみらい線)4番万国橋出口から:ワールドポーターズ
方向に徒歩8分 http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
【参加費】受講料:1回/500円
【定員】30名(要予約、定員になり次第締切ます)
【申し込み】※この回のお申し込みのみ『よこはま国際フォーラム2013』へ。
参加申し込みが必ず必要です。http://yokohama-c-forum.org/

連続セミナーは第6回まであります。詳細はこちらをご覧ください。

よこはま国際フォーラム2013・セミナー

2月9・10日に開催される横浜国際フォーラムでは、下記プログラムにアフリカ理解プロジェクトが協力しています。

開催日:2月9日
場所:JICA横浜
(事前に参加申し込みが必要<http://yokohama-c-forum.org/>参加費2日間500円)

・13:00~14:50「ワークショップ・国際協力に向き合う私たち
4Fセミナールーム5 ~エチオピアの地域課題から~
by(特活)開発教育協会 (特活)横浜NGO連絡会

・15:00~15:50「アフリカの食と農業」~西アフリカのキャッサバ~
1F第1会議室(JICA横浜ぷらざ展示企画セミナー)
by東京農大稲泉准教授 JICA横浜(アフリカ理解プロジェクト)

 

JVCインターン報告会「はじめての南アフリカ訪問記」

JVCアフリカインターンの宮下が、はじめて南アフリカを訪れました。現地のNGOやJVCの活動、そしてそこで暮らす人々との触れ合いを通して、彼女は何を感じ、何を学んできたのでしょう。 彼女が見た「南アフリカの今」をお伝えします。あなたもきっと、南アフリカを好きになる。

【こんなところに行きました】 ・訪問介護ボランティア 南アフリカの農村部では、公共の医療の手の届かない地域がいくつもあります。訪問したリンポポ州ベンベ郡もそのひとつ。この地域では、現地のNGOが訪問介護ボランティアを組織し、地域医療を支えています。 ここでは、訪問介護ボランティアに同行し、彼らの活動の現場を覗いてきました。

・家庭菜園研修 お金をかけずに安定して食事を採るために、家庭菜園は大切な役割を果たしています。地域の家庭菜園技術の向上のため、JVCは有機農業のトレーニングを始めました。 ここでは、第1回目のトレーニングの様子を見学してきました。

・子どものケアセンター 親がいないなど、特別なケアの必要な地域の子どもを対象に、現地のNGOがケアセンターを運営しています。そこでは、子ども達が遊べる場、そして子どもたちが抱える問題を相談することができる場を作っています。 ここでは、ケアセンターの様子を見学しつつ、子どもたちと遊びました。

【報告】宮下智衣(JVCアフリカインターン) 2010年、ボランティア活動のためにタンザニアに滞在し、すっかりアフリカ大好きっ子になる。 アフリカにもっと関わりたいと考え、2012年度は「JVCアフリカ事業インターン」として、JVC事務所でスタッフの補佐をすることに。 さらに嵩じて、この秋南アフリカの事業地を訪問。

【日時】2013年2月9日(土) 16:30-18:00
【会場】日本国際ボランティアセンター(JVC)
【住所】台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
【アクセス】JR秋葉原駅・御徒町駅より徒歩7分,銀座線末広町より徒歩3分
【地図】http://ngo-jvc.info/Rm5qE2
【参加費】無料

【懇親会】18:00-19:00 懇親会参加費1,000円(学生500円) ※懇親会への参加は任意です。

【お申込み・イベント詳細】http://atnd.org/events/34720

【主催】 日本国際ボランティアセンター、JVCアフリカボランティアチーム

 

アフリカの食と食材連続セミナー第三回「アフリカの人たちは何を食べているの? ~イモ博士がアフリカの食文化を解説~」

第3回
志和地弘信さん(東京農業大学教授)
アフリカの人たちは何を食べているの?
~イモ博士がアフリカの食文化を解説~

アフリカの人たちは長い間イモ類や雑穀を食べてきました。最近では作物の
グローバル化に伴い、トウモロコシやコメの消費が増えてきていますが、
アフリカの多くの人たちは伝統的な作物と食文化で日々を過ごしています。
このセミナーではアフリカの作物と食文化を紹介します。

【主催】アフリカ理解プロジェクト 
【後援】JICA横浜
【日時】2013年2月2日13:00-14:30
【会場】JICA横浜 (横浜市中区新港2-3-1)
Tel:045-663-3251(代)
【交通】馬車道駅(みなとみらい線)4番万国橋出口から:ワールドポーターズ
方向に徒歩8分 http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
【参加費】受講料:1回/500円
【定員】30名(要予約、定員になり次第締切ます)
【申し込み】メールまたは、FAXでお申し込み下さい。
Tel/Fax 03-3758-5665 
Email events@africa-rikai.net
1.氏名 2.所属先 3.連絡先 4.参加希望セミナー

連続セミナーは第6回まであります。詳細はこちらをご覧ください。

アフリカの食と食材連続セミナー第二回「魅惑の大地、アフリカの『その土地の食』」

第2回
松本あづささん(横浜薬科大学准教授・旅人)
魅惑の大地、アフリカの「その土地の食」
~236カ国を訪れた旅人が見て味わったアフリカの食とは~

世界中で各国料理を学ぶ旅をした講師が、アフリカの「その土地の食」を写真
つきで紹介します。美しきアフリカの大地に生きる人々の、生き生きとした
暮らしや文化もまじえた、バラエティ豊かなアフリカの魅力をご案内します。

【主催】アフリカ理解プロジェクト 
【後援】JICA横浜
【日時】2013年2月2日10:30-12:00
【会場】JICA横浜 (横浜市中区新港2-3-1)
Tel:045-663-3251(代)
【交通】馬車道駅(みなとみらい線)4番万国橋出口から:ワールドポーターズ
方向に徒歩8分 http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
【参加費】受講料:1回/500円
【定員】30名(要予約、定員になり次第締切ます)
【申し込み】メールまたは、FAXでお申し込み下さい。
Tel/Fax 03-3758-5665 
Email events@africa-rikai.net
1.氏名 2.所属先 3.連絡先 4.参加希望セミナー

連続セミナーは第6回まであります。詳細はこちらをご覧ください。